「子ども・若者育成支援強調月間」の一環として講演会を行います

内閣府の事業「子ども・若者育成支援強調月間」の講師として

11月は、全国一斉に、内閣府の事業が行われます。

この度、四国中央市の少年育成センターから、講演依頼があり、講師をさせていただくことになりました。

講演内容:「表面に出てきた問題には、心の根っこがある」 ~十代で表面化したことにありがとう~

日時:11月25日(金)19:30~21:00

場所:四国中央市福祉会館四階多目的ホール

主催:四国中央市の子供を育てる市民会議

参加対象者:参画団体(教員・保護者・少年育成関係団体など)

 

今まで、私たちのやってきた心づくりのトレーニング指導を評価されたのだと、考えております。

お子さんの問題が表面化した時、表面に出てきた問題にスポットを当てて、対処策を考えるというのが、通常ですが、私のところでは、そのような問題が起こってきた根っこにある「思い方」や「発想」がどこから来たものかを明確にし、世の中に出たときに活躍できる人材となっていくことを一つの目標として、心づくりのトレーニングをしていくという取り組みです。

心というのは、親御さんから受け継がれていますので、親御さんが心つくりのトレーニングをしていますと、お子さんも変わってきます。

その子だけが変わるのでなく、夫婦が変わり、家族が変わり、その子も変わってきます。

総合的に変わっていく取り組みなのですが、この37年間行ってきた心づくりの話をさせて頂こうと思っています。

→ますだせいじ 心のサポータ事務所のホームページはこちら