大阪市の不登校相談室、お子さんが引きこもりになったときにご相談ください

お子さんが不登校になってしまったとき、

  • 「どうして不登校になってしまったのだろう」
  • 「何があったのだろう」
  • 「気づいてあげられなかった」

・・・などと考えて、お子さんを問いつめたり、自分の今までの言動を振り返ったり、原因を知りたいばかりに、お子さんや親御さんご自身を責めてしまいがちです。

ですが、ちょっと待って下さい。

 

 不登校になったらまずは「受け止める」

お子さんがある日突然不登校になってしまったら、どうしますか?

まずは、「そうか、学校へ行きたくないんだ」ということを受け入れてあげてください。

そして、普段通りに接してあげてください。

「何もしないこと」は他のどんなことより難しいかもしれません。聞きたいことは山ほどあるでしょう。働いているお父さん、お母さんは仕事を休めないなどの事情もあるかと思います。

ですが、最初の対応はとても重要です。私は、親御さんがいきなり問いつめて、心を閉ざしてしまったお子さんを何人も見ています。

 

 お子さんも親御さんも成長するチャンスがきたのです

不登校になったお子さんに一番必要なのは「時間」です。

そして、その親御さんにとって一番必要なのも「時間」です。

「不登校」は、お子さんからのSOS。

つらく苦しい気持ちを抱えたまま学校へ行き続けているより、不登校になったことで、その気持ちに気づいてあげることができるのです。

ぜひ、まずはお子さんからのサインを受け取ってあげてください。

大阪市の不登校相談なら、ますだせいじ心のサポーター事務所へお任せください。