原因のわからない不登校のときはどうすればいい?

原因不明
  • いじめを受けているわけではない
  • 先生や友達がイヤなわけでもない
  • 学校に行こうとするが体が拒否反応を示す

実際に、不登校の理由を聞いても特にこれといった原因が見当たらないというケースは
意外と多いです。

「親にも言えない深刻な理由があるのではないか?」
「単なる怠慢やサボりなのではないか?」

と疑心暗鬼になりがちですが、実は本人にも原因がわからないのです。

原因のわからない不登校があることを知る

原因不明の不登校の場合、お子さんが「明日は学校に行く」と言って、次の日の準備もきちんとしたのに、朝になると行けなくなる…ということもよくあります。

まずは、

  • 理由がないのに不登校になる場合がある
  • そして、そういうケースは非常に多い

ということを知ってください。

原因がわかれば対処のしようがあるのに…と思う気持ちもわかりますが、こういうケースもあるんだと知っておくだけで、余計な心配をせずに済みます。

くれぐれも「みんな頑張って学校へ行ってるんだよ」「いつになったら行くの?」といった強い言葉は避けるようにしましょう。

原因を説明できない=そもそも原因はない

原因がわからないだけに悪い方へ考えがちですが、本当に原因がない場合もあります。

つまり「本人の容量を超えてしまった(キャパシティオーバー)」ということです。

能力がないということではなく、あくまで自分の中の許容量を超えてしまったということですので、誤解なさらないでください。

毎日学校へ行って、授業を受けて、先生や友達とうまくやって、家に帰ってきたら宿題をして、習い事へ行って…。習慣になっているからこそ、本人も気づかないうちにストレスが溜まり、ある日突然対処できなくなってしまうのです。

学校に行く気があるのに行けない、自分でもなぜそうなるのか分からない、という状況に一番戸惑っているのはお子さん自身です。

親御さんは、ご自身のお子さんはこんなに頑張っていたんだということを認めてあげてください。

お子さんは親御さんの心を受け継いでいます

お子さんが許容量を超えてしまったということは、鏡である親御さんの心を映している可能性があります。

大人はこれまでの知識や経験からやりくりする術が身に付いているため、突然対処できなくなるということはほとんどありません。

ですがここで、親御さんの習慣や考え方を今一度、見直す機会にしていただきたいのです。

子どもの不登校と何の関係があるの?と、一見遠回りのように思いがちですが、これが一番近道であることは、私のこれまでの心づくりトレーニングで実証されています。

心づくりトレーニングについてご興味のある方はぜひ一度、体験してみてください。

 

→ますだせいじ 心のサポータ事務所のホームページはこちら