不登校のお子さんにイライラしたときの対処法

ゲームをする子ども

不登校や引きこもりのお子さんと過ごしていると、昼まで寝ている、ゲームばかりしているなど、毎日ダラダラしているように見え、ついイライラしたり不安になったりすることがあると思います。

そんなときの対処法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

不登校や引きこもりのお子さんがダラダラしてしまう理由

不登校や引きこもりのお子さんが、昼まで寝ていたり、ネット・ゲームばかりしていることは実はよくあることです。

特に、不登校や引きこもりになったばかりのお子さんに多く、勉強する気にならず、ほかにすることもないので、どうしても昼間で寝たり、ネットやゲームに依存してしまうのです。

一日でも早く学校に行って欲しい、家にいるなら勉強して欲しい、と思う親御さんのお気持ちもわかりますが、これらはあくまでも二次的な症状で、不登校の根本原因が分かって解決に向かえば、自然と減ってきますので、さほど気にする必要はありません

焦りやイライラは言葉にしなくてもお子さんに伝わりますし、回復するためにはそういった時期が必要な場合もありますので、まずはお子さんの意思を尊重してあげてください。

回復段階に進むにつれ、好きなことを見つけて熱中していたり、進みたい進路が見つかって勉強する人もいます。

親がつねにそばに居る必要はありません

不登校の解決策の一つに「子どもの自立心を育てる」ということがあります。

すべてを自分でするという意味ではなく「自分でできることは自分でする」という心の姿勢で生きるということです。

 

不登校や引きこもりのお子さんを持つ親御さんは

「親ががずっとそばにいてあげなくては」
「一人にさせてしまったら子どもが何かするのではないか」
「親がいてあげないと寂しがるのでは」

など、外出することに抵抗を感じる方が多いです。

しかし、親がずっとそばにいることで「私のせいで親に迷惑をかけている」とますます追い込まれるお子さんも少なくありません。

お子さんと適度な距離感を見つけていくことも不登校解決への一歩となります。

イライラしてしまうようでしたら、気分転換に外出する方がいいのです。

不登校の解決がゴールではありません

たとえ不登校や引きこもりを解決できたとしても、その先の人生はまだまだ続きます。

大切なのは、お子さんの将来を考えて「自立心や誠意ある心を育てる」 子育てをすることです。

もしも不登校やひきこもりという問題に直面した際に「子どもがかわいそう」と考えれば、子どもは「自分はかわいそうなんだ」と考えるようになります

こうした考え方が、うまくいかない根っこの心になりやすいといえます。

この点、子どもが自立心を持つようになれば、それはお子さんの未来を広げる柱になっていくものです。

不登校などの問題を抱えていようがいまいが、心を育てる子育ては、とても大切です。

親として子どもを幸せにするためには、
「子どもにどんな接し方をするのか」「あなた自身の感性を磨いていく」
このの2つが欠かせないのです。

 

→ますだせいじ 心のサポータ事務所のホームページはこちら