事柄を問題にするのか、心を問題にするのか

弊社では、お子さんの問題が生じたとき、お子さんの事柄的な問題にスポットを当てて、事柄の解決に終始するのではありません。

 

事柄としての問題から思い方の問題を導き出し、この心が将来また違った問題を起こさないように心の成長指導を行います。

お子さんの思い方は、親から受け継いでいますので、親御さんの取り組みが、大きく影響しますので、親御さんの心づくりのトレーニングを指導させていただいています。

なんだか、遠回りのように思われるかもしれませんが、これが一番早いのです。

そして、親子関係もよくなりますから、一生の絆が出来上がります。

また、親が努力をはじめますと、子供も努力し始めますから、前を向くことができるようになります。

そんな考え方をされている親御さんは、ご相談ください。

→ますだせいじ 心のサポータ事務所のホームページはこちら