子どもが不登校になったときの親の対応方法

  • 子どもが何を考えているのか分からない
  • 子どもの暴言・暴力に悩んでいる
  • 子どもを救ってあげたいけどどうしたらいいか…
  • ご近所や同級生の目が気になってしまう
  • 誰かに相談したいけど、ちょっと恥ずかしい…

不登校のお子さんを持つ親御さんの悩みは尽きません。

ですが、不登校のお子さんを持つ親御さんの対応方法で多いのは
『子どもを変えようとする』ことです。

「学校へ行くよう”子ども”を説得する」
「”子ども”に何で学校へ行かないのか問いただす」
「”子ども”から無理やり聞き出そうとする」

仮に、何とか説得して子どもが学校へ行くようになっても本当の原因が分かっていなければ、別の問題を引き起こすか、あるいは数年後、社会人になってから引きこもるなど、再発してしまう可能性があります。

 

では『本当の原因』はどこにあるのでしょうか。

問題は”心”にあります。それも”子どもの心”ではなく”親御さんの心”です。

心は親から子、子から孫へと受け継がれていきます。親御さんの心の状態が、お子さんの行動を左右しているといっても過言ではありません。

 

参考までに、弊社へご相談いただいた方の声をいくつかご紹介します。

自分では到底気づくこともできない親から受け継いでいる心も教えていただき、私のテーマになっている親子関係に明るさが見えてきました。自分をさらけ出すことは、勇気がいるけど、心づくりのスタートかな!?って思います。

 

最初は、桝田先生のおっしゃられることがよくわからない時が多かったのですが、その中から自分なりの答えをつかみとれるよう懸命に聞き、考える日々を続けてきました。
この頃、ようやく自分なりの答えを導き出せて、日々の行動に反映できるようになってきました。
その為か、だいぶ精神的にも落ち着いてきて、子供と過ごす時間に癒されるようになってきました。

 

当時は、「なんでうちの子が?」なんで不登校になるんだろう…悪いことばかり考えていました。
ますだ先生のスカイプを受けて、「どういう思いで子育てしてきたのか?」をわからせていただきました。上の子は、病気を気に掛けすぎて育て、下の子は、末っ子という事でわがままに育ててしまいました。スカイプを通して私も考えさせていただき、少しは変ったかな?と思っています。

 

結局私が「人としての基本がなってない」という事に思い至りました。”周囲の問題”でスタートして、今は”自分の問題”だと思えます。
この頃は何かある度に「私だ私だ」と自分を振り返るようにしています。そんな中、先日、夫は長男が(性格が優しくなった)変わったと言っていました。これは嬉しい事でした。

 

弊社は、お子さんが学校へ行くようになるためのテクニックを教えているわけではありません。

学校に通えるようになるのはあくまでも通過点。社会に出て活躍できるようになるまでを目指し、親御さんの心づくりのトレーニングをおこなっています。

「心づくり」とは、頑張って心を変えていくものではなく、自然と今までとは違う発想が生まれ、行動が変わるようになるための「意識づくり」のことです。

心づくりに取り組むと、夫婦関係が変わったり仕事の問題が解決したりします。そして、そういう変化を目の当たりにした子どもの言動が変わっていくのです。

ですから、子どもが不登校になって親がするべきことは、子どもの気持ちを理解しようとすることではありません。まずは親御さん自身の心を見つめ直すことです。

不登校に限らず子どもの問題が本当に解決するということは、親御さんとその周囲の方の人生が総合的に変わり始めることなのです。

 

→ますだせいじ 心のサポータ事務所のホームページはこちら