QOLを高めることで発想が変わり、問題が問題でなくなる

心づくり×発想

心づくりのトレーニングが人生の質を上げていくために、必要なのです。

質が上がれば、発想も今までとは、違ってきますので、努力の方向も変わりますから、おのずと、結果も変わっていくのです。

これは、子供の問題も他の問題も一緒です。

弊社は、あらゆる問題から、QOL(人生の質)を変えていく試みに取り組んでいます。

 

先日も、「自分の思い通りにならないと人のことに腹が立って、咎めてしまう」ということで、心づくりのトレーニングを始めた人がおられました。

弊社の心づくりは、スモール・ステップで取り組みますので、まず、広い心を目指すことを心がけていくことをテーマにしました。

一か月ごとのテーマで、取り組んでいきます。
そうすると、腹が立つのが100%から80%ぐらいに変わってきたと言います。

それで、ステップ1をそのまま継続した形で、ステップ2をテーマにしました。
すると、一か月後のコンサルでは、50%ぐらいになってきたというのです。

心づくりというのは、無理に我慢することではなく、自然に違う発想が生まれてくるように心がけて(意識して)いくことなのです。

私たちは、「心がけの力」(意識する力)と言っています。

この方は、腹が立つことが腹立たなくなったというだけでなく、周りも、どんどん言いたいことを言ってくれるようにもなり、仲良くなっていったと言います。

「今までは、こんなこと言ったら、怒るだろう」と思って言わなかったということです。

今までとは違って、本当に楽しい生活になったのです。

 

→ますだせいじ 心のサポータ事務所のホームページはこちら