受験生と親御さんのための「受験会場で最高の実力を発揮するための心のトレーニング講座」

今日は、申し訳ありませんが、昨日出来上がったメニューのPRをさせていただきたいと思います。(すみません)

 

先日から、事務所のホームページはとりあえずできましたが、もっと楽しい、充実したものにといろいろ考えていました。

 

それで、せっかく、ミーティングルームも完成しましたので、このミーティングルームでいろいろなことをしたらどうかと考えました。

 

それで、まず、ホームページから「無料登録をしてくださった方には、このミーティングルームに入室できるユーザー 名とパスワードをお渡しすることにして、事務所の活動のオリエンテーションをする「事務所のこと、なんでも聞いてミーティング」会場に入室できるようにし ました。

 

ここで、質問をしていただいたり、メニューなどの説明をさせていただいたり。

 

なぜ、このメニューを作ったのかという由来なども紹介したいと思います。

 

それで、次に、このミーティングルームで、いろいろな講座ができないだろうかと模索しました。

 

テーマを決めて、それについて、大切なポイントを項目別に書くというもの。

 

子育てや受験や不登校がテーマであったり。いろいろリクエストをいただくのもいいんじゃないかとか。

 

そんなところから検討しました。

 

まずは、何事もどの方向に努力すればよいのかを明確にする必要があります。

 

ですから、それを講座で知っていただいて、そして、その後のサポートをさせていただくというもの。

 

ですから、、ミーティングルームでも質問や悩みを出してもらえるようにして。

 

それだけでは、人に見られたくないこともあるだろうから、メールでも受け付けるようにして。

 

また、直接、話を聞いたり話したりというサポートもできるように。

 

そんなパックを作ったわけです。

 

とりあえず、一つ作ってみようと思い、最初に思ったのが、この時期一番タイムリーな受験生とその親御さん向けの講座。

 

今まで、30年以上、毎年行ってきて成果を上げてきたもの。

 

受験生がベストな準備ができて、培った実力をそのまま受験会場で出せるには、どんな準備をすればいいのだろうというのが、長年の模索でした。

 

受験というものの全体像を把握して、事前の準備を整えて、受験会場で最高のパフォーマンスができるように導いていくというもの。

 

受験に対しての準備としては、二つあって、一つは、実力をより高めていくという努力。もう一つは、いざという受験会場で、どれだけ培ってきた力を出せるかという出せる力を高めていくという努力。

 

受験勉強も、同じ時間を勉強したからといって、みんな同じように頭にインプットされるとは限らないし、一旦入ったものが、必要な時にスムーズに出てきて問題を解くのに役立てることができるかどうかという力もそれぞれ。

 

日本の受験システムは、どれだけ力を持っているかということだけではなく、その持てる力を受験会場でどれだけ出せるかという試験でもあるわけで、出せる力を高めることも必要不可欠。

 

また、親御さんの心も大切で、悪気なく、本人の足を引っ張っていることも多いので、親ができることは何なのか、してはいけないことは、何なのかというお話しもしたいと思います。

 

そんな観点から、どんな準備をしていけば、最高の受験となるのかという心の指導の蓄積を形にした講座です。

 

これは、とても合格するには難しいという人や微妙といわれていた人が合格されてきた積み重ねの中で、得たものでもあります。

 

ですから、これなら受験生のお役にたてると思ったわけです。

 

それで、それを分類して、次のような項目に分けて、要点をまとめました。

 

一、本講座の趣旨

一、受験の全体像

一、受験勉強で実力をグングン増していくための心の準備

一、受験会場でベストの実力を発揮するための心の準備

一、受験一か月前になったら行い始める心の準備

一、受験会場で心得ること

一、面接で心得ること

一、合否を待っているときの心の準備

一、受験が終わってからの心の準備

一、受験勉強期間に、ご家族ができること、してはいけないこと

一、受験当日、ご家族ができること、してはいけないこと

 

心技体と言われますが、ここ一番という受験会場では、心の部分が大きく影響

するでしょうし、心のトレーニングがより有効になるわけです。

 

ホームページは、http://www.mental-supporter.jp/

 

 

→ますだせいじ 心のサポータ事務所のホームページはこちら