お子さんの問題を改善するために欠かせないこと

心づくりのトレーニングのコンサルティング事務所をさせていただいています桝田です。

不登校などのお子さんの問題やご夫婦の問題、仕事の問題、人間関係の問題など幅広く人材育成の観点から心づくりのトレーニングの指導をさせていただいています。

お子さんの問題は、お子さんだけ変えるわけにはいきません。

ご夫婦関係や仕事の関係にもつながっています。

今抱えている事柄の問題だけ表面的に解決すればよいと考えておられる方の指導は、申し訳ありませんがお断りする以外ありません。

事柄の根っこには、発想の問題があります。 

「このような思い方では当然行き詰るでしょう」と言わざるを得ないことがよくあります。

 

ですから、心づくりのトレーニングが必要なのです。

しかも、まずは、親御さんの心づくりのトレーニングからはじめます。
というより、中心(キーパーソン)は親御さんなのです。

 

「私だけが悪いのですか?」と誤解されている人もいます。

別にお母さんだけの問題ではありません。
ただし、心は、親から子へと受け継がれるものであることは、確かです。

ですから、おじいちゃん、おばあちゃんからおかあさん、おとうさん、そして、お子さんへと受け継がれています。

誰が悪いということではなく、鏡の法則が親子にはありますから、親御さんが取り組めば、お子さんも変化が生まれてきます。

そのような意味では、親子の関係は、数少ない希望なのです。

 

弊社では、心づくりのトレーニングを一年更新で行っています。

それは、心の性質上、今日言って明日変わるというものではなく、少しずつ変化していくからです。

親御さんの発想が変われば、子育てに対する考え方も変わりますし、今何ができるかも変わってきます。

 

当然、お子さんへの接し方も変わってきます。

ご夫婦の関係や仕事の仕方なども変わってきたという人もいます。

もうお気づくに方もいらっしゃると思いますが、総合的に、全般的にかわっていくのです。決して、お子さんだけの関係が変わるわけではないのです。

ですから、逆に言いますと、「子供の問題で心づくりのトレーニングをはじめましたが、夫婦の関係が一番変わりました」とおっしゃる方が結構います。

それでこそ、根っこから変えていくことになるわけです。

今回は、事柄としての問題解決だけにとどまらず、根っこの心に取り組んでいくというあり方が、弊社の心づくりのトレーニングということをお話させていただきました。

 

→ますだせいじ 心のサポータ事務所のホームページはこちら