不登校のお子さんを持つ親御さんがストレスを感じる前にできること

親子

お子さんが不登校になったとき、多くの親御さんはストレスを抱えてしまいます。

中には心身ともに不安定になり、うつ状態になってしまう方もいます。

「何で学校に行かないのだろう」と気持ちが混乱し、「なぜ気づいてあげられなかったのだろう」とご自身を責めてしまいます

特に母親は、お子さんと一緒にいる時間が父親より多くなるのでお子さんが家でゴロゴロしていたり、ゲームをしているのを見るとイライラしてしまい、知らず知らずのうちにストレスを溜め込んでしまっています。

 

そのようなストレスを抱えた親御さんを見たお子さんは

「だれも自分のことを分かってくれない」
「なんで理解してくれないのだろう」

と、さらにふさぎ込むようになり、悪循環から抜け出せなくなってしまうのです。

 

そうなる前に、親御さんにできることがあります。

それは「発想の転換」です。

 

たとえば、

「子どもは学校へ行くものだ」

という考え。

 

多くの親御さんが当然のことのように思っていますが、”学校へ行くのが当たり前だ”と思うことで”学校へ行かないのはおかしいことだ”という思いが強くなりストレスを増幅させる原因になっています。

「私だって仕事がつらくても休まず行っている」
と、ご自身との違いを見出すのではなく

「自分も同じような気持ちになったことはないか」
「行かなきゃいけないのは分かっていてもできないこともあるのではないか」
など、いつもと違う角度から考えてみることが大切です。

ブログでも常々申し上げていますが、不登校解決のキーパーソンは親御さんです。

心は親から子へと受け継がれるため、まずは親御さんから取り組むことでお子さんにも変化が生まれます。

弊社では、お子さんの不登校に対し、親御さんの心づくりトレーニングを一年更新でおこなっています。

親御さん自身の心は、そのまた親や祖父母から受け継がれていますので発想を変えるにもそれなりの時間がかかるからです。

 

心づくりトレーニングでは根っこの心の変化に取り組んでいきますので「子どもの問題で始めたけれど、夫婦関係や仕事の仕方も変わった」という方がたくさんいらっしゃいます。

人生全般が変化していくのがこのトレーニングの特徴です。

お子さんのことを理解してあげてくださいと言われても子どもの気持ちがわからない、子どもの気持ちに気づけないという方、一度ご相談にいらしてみませんか?

 

→ますだせいじ 心のサポータ事務所のホームページはこちら