あなたの心が変われば未来も変わる!~ 100の扉の先に、人生を変えるターニングポイントがある ~

このような方に最適な本です

Ø

心というベースがあってオリジナルな人生になる

「心づくり」とは、自分の心を新しく作り替えていくことを意味します。『心づくりの扉100』の前篇では、幸せになっていく4つの方向性について触れました。

「誠意を深めていく方向」
「人のためを深めていく方向」
「目の前に現れてくることを大事にして、生きていく方向」
「自分の至らないところにスポットをあて、反省、工夫、改善のサイクルを深めていく方向」


これらが幸せになるための心づくりのポイントであり、ベースとなる考え方です。 そこから、心づくりの基礎トレーニングとして、

(あ)誠意を深めることを目指して「一歩前進する」
(い)「人のため」になることを何か一つする
(う)気づく → 間髪入れずに → 動く
(え)振り返って → 反省して → 工夫して、少しでもいいので改善し続ける


この4つを取り組み続けることで少しずつあなたが進化していきます。
自分の心づくりに取り組むことで、周りも変わっていきます。

そして、あなたの望む、あなただけのオリジナルの人生を歩むことができるのです。

あなた自身の扉を開けて、人生の方向性を変えていきませんか?

後篇では「心づくりのトレーニング法」「MSCスモールステップ法」についてお話ししています。

トレーニングで大事なことは「継続」です。
一歩一歩前進し、継続してこそ心が磨かれて、発想や思いがそこから出てくるのです。 教える側も、この気持ちがあって、ますます心づくりのクオリティが高まっていきます。

心づくりは双方の努力によって前に進むもの。 今年よりも来年、来年よりも再来年と、長期的に心を成長させていくことを目指しています。

ゴールは「人生のベースを作る」こと。 本書を読みながら心づくりのトレーニング法の全体像を明確にし、 スモールステップで少しずつステップアップしていってください。

この100の視点から心づくりの大切さを少しでも理解していただき、 心づくりの世界に入ってこられる方が増えていくことを期待しております。

本書を読むことで得られる5つのこと

心づくりはスポーツと同じでトレーニングが必要です。それも、きちんとステップを踏んでのことです。

本書を読むことで…

  • 心づくりトレーニングの具体的な方法がわかります。
  • トレーニングの心構えを知ることで、取り組みやすくなります。
  • 人間関係を改善するポイントがわかります。
  • ネガティブなこともポジティブに変えて生きられるようになります。
  • スモールステップの大切さを理解し、実行することで、ビッグステップも乗り越えられるようになります。

多くの人は、大きな問題が起こると、一大事だと思ってその問題を全力で解決しようとします。
しかし本当は、日常の些細な事柄にスポットをあてた方が、心づくりのトレーニングからすれば解決に向かいやすいのです。

今に全力投球した分、未来が広がるということなのです。

目次

第4章 「基礎トレーニングの心構え」
(51)心づくりは、相似形なのです
(52)純粋な心が夢を実現する
(53)本当は、ご主人の誕生日に…
(54)本能寺の変の時の最後の一言
(55)私は、「感謝」よりも「癇癪」が強いのです
(56)イラン・イラク戦争の時の奇跡
(57)ウェルカムな心
(58)涙のわけ
(59)「悲劇の陰で」の裏話
第5章「トレーニングの細かなポイント」
(60)喜んでやってくれるリズムとは
(61)バランスは、60%対40%
(62)言えないから悩みも溜まる
(63)何が良いことになるかわからない
(64)見えてこないものの不思議
(65)心づくりとボウリング
(66)ナンバーワンからオンリーワンへ
(67)過去・現在・未来から見えるもの
(68)勝小吉の人生
(69)母の十代の頃の日記から
(70)一日を振り返る角度は
(71)自分の思いを横に置く心
(72)「種まきに徹する」ことの試行錯誤
第6章「人間関係のポイント」
(73)共通点を見つける
(74)「言ってくれてありがとう」の心
(75)「聞いて」「わかる」
(76)良かれと思って、追い詰める
(77)「民のかまど」という考え方
(78)みつける力
(79)夫婦の絆が活きてくる
(80)会話のキャッチボール
(81)「叱る」も「褒める」も
第7章「反省と改善」
(82)「勉強しなさい」という呪文
(83)松陰の公私の話
(84)アメリカ同時多発テロ事件から
(85)「自分に自信がない」「人の目が気になる」私は、ダメ
(86)失敗が成功を生む時
(87)振り返りは、宝の山
(88)人の気持ちを知ること
(89)100年以上前に、イエール大学で教鞭をとった人
第8章「志を持つこと、先を見通すこと」
(90)志を持って生きる
(91)有意義で充実した日々を送るために
(92)見返りを求めない心
(93)心という世界がある
(94)敵兵を救出せよ
(95)豪姫と秀家の夫婦
(96)人情のサイクルが生むものは、
(97)レベルアップが起こる時
(98)自分のオリジナルライフ
(99)人生は、火山爆発に似ている
(100)人知れず人のために生きる人たち
(ゴール)人生のベースを作ること

amazonで購入する