不登校の子供の接し方について

もし子供が何らかの原因で不登校になってしまったら、あなたはその子供にどのように接しますか。対応を間違ってしまうとさらに状況が悪化し、問題解決が長引いてしまいかねません。
そこで不登校の子供の接し方についてご紹介していきます。

学校に行くことを強制しない

まず絶対にやってはいけないのが、頭ごなしに叱り、学校に行くことを強制することです。
そんな対応をとってしまっては、さらに心の傷を深くしてしまい、自分の殻に閉じこもってしまうでしょう。ただ不信感や絶望感を煽るだけで何の解決や対策にもなりませんので、絶対にやらないようにしましょう。

子供の話を聞く

不登校の子供への対応として、まずはしっかり冷静になって話を聞いてあげることが大切です。
学校へ行かない理由を話したがらないようであれば、日常的な些細な会話をするのも良いでしょう。
会話を交わしていくうちに心を開き、理由を話してくれるかもしれません。
理由を聞いた上で「こんな些細なことで」と思うかもしれませんが、子供と大人の捉え方は違います。本人にとっては不登校になるほどの重大な悩みなのです。上から目線でアドバイスをするなど、何かを強制するような言動は避けましょう。

何でもやってあげ過ぎない

子供は親にとって大切な存在です。深く傷ついてしまっている子供のために、なんでもやってあげたくなる気持ちは分かります。しかし自分でできることまでやって甘やかしてしまうのは、大切にするという本当の意味からかけ離れています。親の言うことを聞かなくなりますし、自信をなくしてしまいかねません。 最低限の社会や家庭のルールを守ることを教えるのも大切なことなのです。

子供の不登校にお悩みの親御さんがいらっしゃいましたら、当事務所までご相談ください。
まずは無料相談にて伺わせていただきますので、お気軽にご連絡ください。