叱り方から「子供の育て方」を考える

子供の育て方に関する相談で多いのは、「叱り方」についてです。

冷静に

「叱る」ことは、教育であり、冷静で論理的な態度で接することが必要です。
叱るときに1番してはいけないことは、親の怒りを込めることです。
大声を出した叱り方は、親の権威を振りかざし、力を以って制圧しようとしていることになります。
手をあげることは賛否両論あると思いますが、大切なことは感情に任せないということです。
とにかく手をあげる叱り方では、子供が萎縮してしまい、それが反抗心や軽蔑へとつながってしまいます。
冷静さを持った上で、子供が叩かれるほどのことをしたと理解できるのであれば、痛みを教えることとして効果的に働く場合もあるかもしれません。

理由を伝える

自分がどうして叱られているのか、その理由をしっかり理解しているかどうかが大切です。
叱ることは教育ですから、子供が悪いことをしたから叱られているという事実を伝えます。
これを実行するためには、子供の年齢に合わせた内容で、親子間のルールを決めることが効果的です。
やってはいけないこと、やらなければいけないことを明確にして、それを守れなかったときに叱ります。
そうすると、子供自身も自分がルールを守れなかったことで叱られているのだと理解しやすくなります。
叱る立場の親も、失敗や問題に対して叱ることがなくなり、子供の挑戦する心を大切にできます。

子供の自尊心を守る

何歳の子供でも、自尊心を持っています。大勢の前で叱られたり、友達の前で叱られたりする経験は、実は子供の自尊心を傷つけてしまっているのです。人目が気になる環境で叱られた場合は、叱られたこと自体が耳や頭に入っていない場合が多いのです。
手をあげなくても、言葉が暴力となってしまうこともありますので注意が必要です。人格を否定するような言い方・見放すような言い方・兄弟や友達などと比較するような言い方は、子供の心を大きく傷つけてしまいます。

正解のない子供の育て方だからこそ、的確なアドバイスが必要なのです。
子供の性格形成に影響する叱り方は、子供ひとりひとりの性格に合わせることもポイントです。
当事務所では、電話やスカイプを使用した子育てに関する個人コンサルティングです。
妊娠中の方や遠方の方も、安心してご利用いただけます。
パソコンやケータイメールアドレス宛に配信するメルマガサービスもご用意しています。