夫婦で子供の育て方を考える

子供が不登校や引きこもりになると、親御さんの中には「子供の育て方が間違っていたのか」と、悩まれる方もいらっしゃるでしょう。こちらでは夫婦で考える子育てのポイントについて紹介したいと思います。

子供の育て方は夫婦で一致させる

夫婦で子供への指導を一致させるということは、善悪の判断だけでなく、我が家にとって大切なことなどをはっきり十分にしておくことです。そこにズレが生じてしまうと、子供にとって判断すべき正しいことが理解できず、混乱させてしまうからです。子供が悪いことをした時に叱るのは大事ですが、二人で迫って追い詰めすぎないように、また反対に子供に配慮してうやむやにならないように、バランスよく接するのが大切です。

子供への期待のかけ方

子供は成長と能力に応じて期待をかけ、信頼し任せることにより、前向きに自立することができます。
しかし、このくらいはできて当然だと期待をかけすぎると、子供はプレッシャーに潰されてしまうかも知れません。反対に、子供に何の期待もせず、信頼せずに親が無理だと決めつけ接してしまうと、子供は次第にやる気をなくしてしまうでしょう。

親は子供が努力をすれば届きそうな期待かけて、やればできるという力を信じ、見守ることが大事なのです。そのためには、日頃から子供が興味を示していることや、持っている力などを夫婦で理解しておくのがポイントです。子供の今を知るために、学校の行事やPTA活動に参加し、担任の先生から話を聞くことも必要になるでしょう。

子供の成長によって夫婦の指導の仕方は変わります。親としての心がけや振る舞い方など、アドバイスが必要とお考えでしたら当事務所へご連絡ください。「親のすべきこと」について最適な指導をいたします。
ご自宅でもパソコンやケータイで見られるメルマガ配信も行っておりますので、夫婦やご家族で一緒に子供の育て方を考えてみてはいかがでしょうか。

無料相談はこちら
お問合せはこちら
お申し込みはこちら
有料メルマガ「子育て・孫育ての極意」
有料メルマガ「稲垣家のわくわく子育て」
有料メルマガ「社会に出るまでに学んでおきたかった人物のお話」
有料メルマガ人生は、その時、何を思えたのかで決まる「実録 還暦祝いの脳梗塞」
書籍『心づくりの扉』
書籍『オリジナルライフ』
書籍『心づくりのススメ』
動画ページ

最新情報