一生関わるのは、親御さんですから、親御さんがキーパーソンです。
社会で、活躍できる人を目指しています。今までの結果は、今までの発想で一生懸命努力されてきた結果です。
どうしたら発想が変わるかをトレーニング指導いたします。本を読めば「知る」ことは、できますが、それで「身についた」ことには、なりません。
身につくには「ステップを踏んで」の「トレーニング」が必要です。トレーニングの場は、「日常生活」です。

はじめまして。心のサポーター事務所代表、ますだせいじ
申します。

私は、心づくりのインストラクターをさせていただいております。
弊社が行っているのは、カウンセリングではなく、心づくりのトレーニングです。
不登校のお子さんも、そうでないお子さんも、成長のプロセスにあるということでは、変わりありません。

子供の頃、何事もなく成長したはずの子が、社会に出てから、つまずいたケースもよくあります。
(弊社には、お子さんが大人になってからの問題で取り組まれている人もたくさんいらっしゃいます)そんな状況からの指導をさせていただいていて、いつも思うのは、こんなことなら、もっと早い段階で、問題が表面化できなかったのかなと思います。

弊社では、基本的にお子さんではなく、親御さんの心づくりのご指導をさせていただいております。それだけ、親御さんの影響力が大きいからです。

弊社は、単発の相談は原則として受け付けておりません。 それは、人間、今日聞いて明日変われるというものではないからです。
頭で理解したから変われるものでもありません。それは、本を読んで理解できたからと言って、それだけで、人生が変わらないのと同じです。 やはり、変わるためには、自分のものにしていくためのトレーニングが必要です。

そのような意味で弊社は、一年更新としています。今年より来年、来年より再来年と、お子さんの成長を親御さんと確認しながら、親御さんの心づくりのトレーニングを行います。 たとえば、学校に行けるようになったから問題解決ということではありません。 とりあえず、社会に出て活躍できるようになるところをめざしています。

心づくりとは

ステップ1~ステップ4を毎月繰り返すことで、まず、親御さんの気分が変わり、子育てについての感覚も変わり、お子さんへの接し方も変わりというように親御さんご自身が変わってきます。(心づくりのトレーニングを受けておられる方は、このあたりから変わっていく楽しさを味わわれることが多いようです)

このサイクルを繰り返すことが重要です。 このサイクルを繰り返すことで、自然と親御さんも変わりやすくなり、その結果として、お子さんも前進していきやすくなるからです。

もうお気づきだと思いますが、この取り組みは、心づくりのインストラクター主導でもなく、クライアントさまとインストラクターが共同して行っていく取り組みです。

ご相談者さまの声を紹介します。

カウンセラーや学校の相談員との座談会

当事務所では、不登校やひきこもりなどお子さんの問題に対して、親御さんをキーパーソンとしての心づくりのトレーニング指導を行うことで成果を挙げています。

また、それに留まらず、カウンセラーや小・中学校の相談員として、不登校などの問題に直接あたっておられる指導者の方々が心づくりのトレーニング指導ができるように、研修・指導を行っています。

そうすることで、指導力や相談力の強化に役立てています。

心づくりの研修は、自分の心づくりに取り組むことからはじめています。それは、自分の心に真正面から向きあえるようになれば、指導をされておられる方の心の中にもより深く入ることができ、心を変えるポイントと心の変え方がわかるようになるからです。

今回は、四国中央市コミュニティーカウンセリング研究会の皆さんにお集まりいただき、実際に指導を受けての感想を座談会形式で話し合っていただきました。(研修を受け始めて約9か月です)

「私も指導者として指導力の強化をしてみたい」と思われる方は、お申し込みの際、備考欄に今の立場、役職などをお書きください。随時、お受けいたしております。

座談会はこちら

当事務所では、初回は、無料で相談を受けさせていただきます。そして、要点をまとめて、今後の努力項目を提案書としてメールでお送りいたします。もちろん、そこで終了しても結構ですし、その上で正式にお申し込みくださっても結構です。

無料相談はこちら

メディア掲載・講演セミナー実績

ラジオ「ザ・ウィークエンダー」出演(2016年12月3日)
音声はこちらをクリック
内閣府事業「子ども・若者育成強調月間」イベント
産経新聞主催 ハッピーエイジング&ソナエ博2014秋
四国中央市の指導者向け講演会「健全育成講演会」
2016年11月25日「表面に出てきた問題には心の根っこがある」
参加人数/280名
音声はこちらをクリック
「ブームの真相 2016」
FM FUJI 「THE Weekender」この人に聞く
書籍「注目情報はこれだ」に掲載されてました。
メディア情報  
プロレスラー・元参議院議員の大仁田厚さんと対談しました。
メディア情報メディア情報
産経新聞 2014年10月30日夕刊インタビュー記事が掲載されました。
産経新聞 2014年10月30日夕刊<br>インタビュー記事が掲載されました。
産経新聞主催 ハッピーエイジング&ソナエ博2014秋
~ 老後を幸せに過ごすために必要な心の磨き方」~
セミナーの応募者が500名を超え、抽選で200名が受講。
産経新聞主催 ハッピーエイジング&ソナエ博2014秋
四国中央市教育委員会後援行事~「子育て・人育ての極意」~
四国中央市教育委員会後援行事~「子育て・人育ての極意」~
文芸社の「秋の読書週間におススメの15冊」に選ばれました。
文芸社の「秋の読書週間におススメの15冊」に選ばれました。

2017年生募集中( 2017年1月~2017年12月 )

今年の定員は、25名です。
丁寧にお世話をさせていただくためには、これぐらいの人数がマックスだからです。
親御さんのQOL(人生の質)を高めることで、お子さんの問題を前進させることにもつながります。
QOLを高めることが、あらゆる問題のベースづくりにつながります。

心づくりは、QOLを高める意味で有効です。

心は、新たな心が心の中に定着するのに、ある程度時間がかかりますので、一年単位での更新になります。
一年ごとに毎年12月で次の年の更新をお聞きしています。

2015年の更新率は、96%
2016年の更新率は、100%


でした。

【更新理由の主だった理由】

  • 心づくりの必要性を感じている
  • 将来に希望が見えるから
  • この一年間、とてもよかったから
  • 悩んだ時や困った時、相談できるところがあって、安心感があるから。
  • 一週間に一度のメルマガで、自分のあり方を修正し、月に一度の電話などでのコンサルで、一か月の明確な課題が持てるので、まさにQOLが高まっている感覚があるから
  • サービスの内容に対して、安いから
メルマガは、月680円
電話・スカイプでの月一度のコンサルは、3,950円

無料相談はこちら

「心を育てる子育てなど」のポイント

人の話に素直に耳を傾けて、実行してみることが近道

親御さんが子育てのキーパーソンであることは、間違いありません。それは、一生親子の関係は、 切っても切れないからです。親御さんが人の言うことに耳を傾ける素直さや謙虚さがなかったら、 お子さんも、親御さんの話にも先生の話も聞こうとしないでしょう。そのような意味では、 親御さんにとって、人の話に耳を傾け、実行していくことが問題解決の糸口になります。 当事務所では、「心のコンサルティング」で、ご相談をお受けいたしております。

より良い子育てをするためには、良い日常生活を総合的に目指していくこと

子育ては、その中の一部ですから、一部だけをよくしたいと思っても難しいのです。 それは、子育てに対した時だけ、特別な思い方ができるわけではなく、何をするときにも、同じ ような思い方が出ています。「子供の前では…」とおっしゃる方がおられますが、そのように 使い分けていると思っても、不自覚のうちに、出ています。 当事務所では、具体的なあり方を、「心のコンサルティング」でお教えいたしております。

日々の生活の中での心がけを変えるところから

問題が起こっている根っこには、思い方の問題があります。「そのような思い方では、確かに、 問題が起こるでしょう」と思うことがよくあります。しかし、ご本人は、無意識ですし、どのようにして、 その思い方から脱出すればよいのかも知りません。そして、その思い方は、日常生活の些細な一 コマの中にも気づかない間に出ています。ですから、日常生活にスポットを当てて、ちょっと、 心がけることを変えると、すべての思い方や言動は、自然と変化していきます。 当事務所では、どこが、ポイントになるのかを「心のコンサルティング」でお教えいたしております。

人は誰でも自分で立ち上がる力を潜在的に持っている

親御さん主導でお子さんができることまで、してしまっていますと、自分で立ち上がろうとする力が 弱くなってしまいます。依存心が強くなると自立心が育ちにくくなります。自分で立ち上がろうとする 力が心の奥底から湧いてきてこそ、前向きな未来を考えられますし、また、周りに対する感謝の 気持ちも深まります。そして、この前向きな心や感謝の心がその後の人生に活きてきます。 当事務所では、立ち上がりやすくするために何ができるのかを「心のコンサルティング」で お教えいたしております。

心を育てる子育てには2つの柱がある

(1) どんな思いで生活をすればよいのか
(2) どんな思いで子供に接すればよいのか

この二つの視点からの取り組みが大切になります。なぜ、心を育てる子育てが必要なのかといいますと、 たとえば、努力する心を育てるから、何かを始めても続けることができるようになるわけです。 また、感謝の心を育てるから、周りに対して何か役立つことをしたいと思う人に成長するわけです。 心があってはじめて形にそれを現すようになれるのです 当事務所では、両面から「心のコンサルティング」を行っております。

子供だけをかえようとしていませんか

お子さんの姿は、親御さんの心づくりのテーマになります

知らず知らずのうちに、今まで間違ったメッセージを出していませんか?

近視眼的な解決だけを目指すのではなく、将来のしあわせを想定して努力することです。

大切なのは根っこである”心づくり”

私たちは、子育てする上で"心を育てる子育て"が最も大切だと考えています。

子どもは親であるあなたから、「感性」や「心」を受け継ぎます。

それは、幼い間だけではありません。大きく成長すればするほど如実に表れてきます。 逆境に負けない強い心を持ったご両親のもとで育ったお子さんであれば粘り強く育ち、優しい心に満ち溢れたご両親のもとで育ったお子さんであれば優しく育っていくことでしょう。

たとえば、「これぐらいいいだろう」「わからなければいいだろう」と思う心が根っこにあって、お子さんが万引きをしてしまったということもあります。やはり、根っこにある心が大事なのです。 もちろん、親御さんから受け継いだ心をベースにして、お子さんが経験を通して得た人生観をプラスして、 根っことなる心が出来上がっていきます。良いこともそうでないことも、根っこにある心から派生していくのです。

だからこそ、親御さんの心づくりが大切なのです。 親御さんの心がステップアップすることにより、その分お子さんの心も成長しやすくなりますし、将来への可能性が高まります。

大阪にある当事務所では、長年の心づくりの指導経験により、簡単にできる心づくりのあり方を実用化して、「MSCスモール・ステップ心づくり法」と名付けました。

MSCスモール・ステップ心づくり法

当事務所では、心の個人コンサルティングを「MSCスモール・ステップ心づくり法」により行っています。

心づくりは、今日初めて明日出来上がるというものではありません。

しかし、ステップを踏んで取り組むほどに、様々なことが変わってきます。 参加者の皆さんがおっしゃるのは、最初に、親御さんの迷いが少なくなり、そして、お子さんへの接し方が変わっていき、続いて、お子さんの言動が変わってくると。

心の変化は、状況の変化をもたらします。 これは言い換えると、状況を変化させたい場合にはまずは心がけるところを変化させることが重要であるという意味です。

たとえば不登校などの子育てに関する様々な問題の解決には、親の心づくりから始めることが大切です。 形だけ変えようとすると無理が出てきますが、心がけから変えると我慢することもなく、スムーズなのです。 お子さんが不登校になってしまった場合、悲観してしまい、先々のことを心配し過ぎて行き詰ってしまう場合が多いものです。 こうした考え方は、人によってはすぐに変えることが困難なものです。

大阪にある当事務所で行っている「MSCスモール・ステップ心づくり法」は、そのような親御さんの心を修正するところからはじめます。
それは、個人差もありますが、心配する心には、素晴らしい面とそうでない面がありますので、素晴らしい面は、伸ばし、そうでない面は、修正していくという取り組みを日常生活の中で行えるようにご指導させていただきます。 その結果、親御さんの心配の思いが変わった分だけは、知らず知らずのうちに、お子さんをその思いで縛っていたのが、解き放たれますので、自由にのびのびとしてきます。

トレーニングでは、電話やスカイプ、メールを併用し、一ヶ月に一つのテーマを設けて取り組みます。 日常生活がトレーニングの場となりますので、忙しい方でも無理なくトレーニングを行うことができます。

【 特長 】

  • 電話かスカイプそして、メールを併用して行います。
  • 日常生活がトレーニングの場になります。
  • 当面の問題と将来起こりうる問題を視野に入れて心のトレーニング指導をさせていただきます。
  • 一か月に一つのテーマで取り組みます。

あなたが人生に臨むにあたっての「心のブレーン」になることを心がけています。

まずは、無料相談

子育てのキーパーソンは、親御さんです。

お子さんが心身ともに健全に成長していくためには"親御さんの感性を磨く"ことが大切であり、 親から変わっていく努力が必要です。

完全に親御さんが変わってしまわないとお子さんが変わらないのではなく、親御さんが心づくりの努力をし始めた段階で、お子さんも前を向いて何かに取り組み始めたという例もたくさんあります。

変わるといっても"心がける"というとてもシンプルなもので、日常にある心構えを少し変化させるだけ。 そして、この心がけを最初の一か月間を集中して取り組むことが一つのコツです。 親御さんが新たな心がけを努力しながら、お子さんに向かうと、今までとは、違う雰囲気や展開に自然となることもよくあります。

お子さんをいきなり変えることはできません。変えようとすればするほど、にっちもさっちもいかなくなることが多いものです。

しかし、お子さんの姿から学ぼうとするところから心づくりは始まります。お子さんの将来を思わない親御さんはいらっしゃらないものです。 親御さんの取り組み方一つでお子さんの将来も変わってきます。そのような意味では、子育てのキーパーソンは、親御さんなのです。

もう一度申し上げますと、大切なのは、親御さんの心づくりなのです。

「大切なのは、根っこである心づくり」
「まずは親が修正した方が良い心をヒアリングの中で、親御さんとご一緒にみつけます」
そして、
「どこから取り組めばよいのか」を提案いたします。(初回は、無料相談で行います)

ヒアリングで出てきた新たな「心がけポイント」に取り組むことで、「発想」や「思い方」が変わり、それが、自然と「言動」に現れてきます。
その結果、まずは、

そうすると、問題解決への糸口がうまれやすくなります。

※当然、取組み方にも個人差がありますから、成果が現れて来る時期にも個人差があります。 また、心のコンサルティングには、相性もありますから、まずは、無料相談をお受けになられて、その結果で、続けるかどうかをご検討ください。

不登校と自閉症の2人のお子さんを 持つHさんの場合・・・

私がHさんご夫婦の心づくりをサポートするようになったのは、教育委員会の担当者から紹介を 受けたことがきっかけです。

Hさんは私のもとにやってくるまで、子どものことで色々な病院やカウンセリングを受けられたそう です。しかし、やはり人の心のことですから、やるたびにうまくいかなくなってしまう、何をすれば 良いのかわからなくなる。そういった状態で、とても悩んでおられました。

何度かHさんとお話をさせていただいている中で私が見つけたのは、Hさん自身が心に問題を抱え ていること。これが、やるべきことがわからなくなっている原因、根っこだということです。Hさんは
幼少の頃から家庭環境に悩みを抱えており、それが原因となってなかなか本心を話すことができずにずっと苦しんでおられました。 子どもの不登校の問題に親の心が関係あるのかと言われてしまいそうですが、実は、多くの場合、親御さんの心がけを正してあげることで、お子さんの行動や心がけにも良い変化が生まれます。 大切なのは「言うことをきかせること」ではなく、「子どもが自分から何かをしようと思う心づくりをしてあげること」。 子どもは親の感性、心を受け継ぎます。例えばテレビを見ていて、わからないことがあったらすぐに辞書を引く。ネットで検索してみる。自分のことはきちんと自分でする。そうすれば、いずれは、子供も学ぶことの楽しさや喜びを知るようになってきます。

Hさんがまずはじめたこと

Hさんの場合は、まず旦那さんにきちんと本心を話して聞いてもらうことからはじめてもらいました。 Hさんの心の問題を少しずつ解きほぐしていくことで、子どもと接する時のHさんの言葉、行動も自然と 変わっていきます。

こういった指導を、月に一度のスカイプ面談とメールで行いました。結果として、サポートをはじめて から一ヶ月ほどで子どもたちが家のお手伝いをしてくれるようになったそうです。

そうすると、Hさんもご自分がどういうことをしないといけないかということがどんどん分かってきます。 三、四ヶ月ほど経った頃には、子どもたちは率先して家の中の手伝いをしてくれるようになり、なんと、上の子は専門学校にも少しずつ行けるようになりましたし、下の子は、自ら「学校に行けるようになりたい」とチャレンジしはじめました。その裏には、子供も自分の気持ちを少し言ってくれるようになったことがありました。

親子、子育ての問題はつい子どもだけに目を向けてしまいがちですが、Hさんご夫婦のように、親と子、妻と夫という少し広い視点で見ることで、はじめて解決への道筋が見えてきます。

Hさんからいただいた感想

的確なアドバイスで迷いがなくなった!

私には自閉症と不登校の2人の息子がいますが、今までどんな病院、カウンセラーに相談しても良いアドバイスが もらえず、ずっと苦しんでいました。 桝田先生と知り合ってからは、的確なアドバイスに主人ともども本当に助けられています。 息子のことで相談をしましたが、私がこれまで誰にも言えなかったことも桝田先生は真摯に受けとめて下さり、 まるで暗闇に光が差し込むかのようにより良い方へと道筋をつけて下さいました。世の中の苦しみ悩んでいる人が 一人でもなくなる事を祈ります。あの時勇気を出して門をたたいてよかったと思います。

お子さんの未来を見据えながら、将来必要になってくる心を育てていくためのご家庭での取り組みです。

親御さんにとって、お子さんの不登校やひきこもりといった問題は、大きな気がかりとなります。
親御さんは、子どもの不登校やひきこもりを何とかしたいと考え、病院やカウンセラーを頼るケースもあります。 それに、プラスして、これを機に、親子で心を育てていくというあり方もあります。

大切なのはお子さんの将来を考えて「自立心や誠意ある心を育てる」 子育てです。

もしも不登校やひきこもりという問題に直面した際に「子どもがかわいそう」と考えれば、子どもは「自分はかわいそうなんだ」と考えるようになります。 こうした考え方が、うまくいかない根っこの心になりやすいといえます。 この点、子どもが自立心を持つようになれば、それはお子さんの未来を広げる柱になっていくものです。

不登校などの問題を抱えていようがいまいが、心を育てる子育ては、とても大切です。
親として子どもを幸せにするためには、
「子どもにどんな接し方をするか」
「あなた自身の感性を磨いていく」
・・・の2つが欠かせません。

「ますだせいじ心のさぽーた事務所」の特色

問題解決のためだけの対処指導は行いません。

確かに今抱えている問題の解決ももちろん大切ですが、その一方、お子さんには、未来がありますので、 将来のことを想定して、いずれ必要になってくる心を育てていく子育ても必要になります。 この両方を考えた子育てのあり方をコンサルいたします。

最低限の常識と誠実さを感じない
            ときは、途中でも指導をお断りすることがあります。

お子さんの心を育てていこうとしますと、やはり、親御さんの心づくりに取り組む姿勢が大きくもの をいいます。ですから、親御さんに最低限の誠実さや真摯な姿勢がないと成果につながりにくく なります。そのような意味で、取り組む姿勢などがまったくないと判断した場合、ご指導を お断りすることがあります。 その分、当事務所も誠実に真摯な態度でご指導やサポートを させていただくことを心がけております。

日常生活の中に問題解決の芽があります。

表面に現れてきている問題の根っこは、心にあります。当事務所では、表面に現れている事柄だけ を変えようとするのではなく、根っこにある「思い方」を変えていくためのトレーニングを行います。 お子さんの問題の場合、キーパーソンは、親御さんになりますから、 親御さんの心づくりからはじめます。それは、難しいことではなく、日常生活の中で「思い方」を MSCスモール・ステップ心づくり法によって、少し変えてみるところからはじめます。

全国どこにお住まいでもご指導をさせていただきます。

心の個人コンサルは、基本的には、月に一度電話かスカイプでヒアリングを行い、日常生活の中で 心がけるテーマを決めます。ですから、日常生活が心のトレーニングの場になります。その中での 質問・報告などは、メールで行います。メールは、何度でも結構です。そのような形で行いますので、 どこにお住まいでも構いません。

お子さんの年齢は、何歳でも構いません。

成人になったからと言って親子の関係が切れるわけではありません。 ですから、親御さんの心づくりは、お子さんに影響を与えていきます。現に当事務所で取り組まれて いる方の中には、お子さんが二十代、三十代、四十代という方々もおられます。

心のコンサルティングは、一年ごとの更新になります。

理想的には、心づくりに取り組みながら人生を歩むというライフスタイルがベストの人生を 生んでいくと考えています。しかし、それでは、もしもクライアントがおやめになりたくなった時、 やめるタイミングを計るのに、気をもむということも考えられますので、当事務所では、 一年単位での更新制度で行っております。

心づくりの個人コンサルティングのご紹介

今抱えている問題やお悩みのところからヒアリングを行いつつ、より有意義で充実した人生にしていくための心のコンサルティングです。
クライアントのお気持ちを聞きながら、クライアントの立場に立って、そのペースで一歩一歩前進できるように、ブレーンとして心のサポートをさせていただきます。

カウンセリングではありません。日常生活の中で心のトレーニング(心づくり)を行う事で、発想が変り、それが言動として表れ、物事の展開が好転していきます。
日常生活の中での心のトレーニングは、特別なことをするのではなく、些細なことに対する「心がけ」を意識していくということになります。人間、何を心がけていくのかによっていろいろことが変わっていきます。これを「心がけの力」と呼んでいますが、大きな力になります。

心のコンサル+メール3950円

まずは、無料相談

当事務所では、初回は、無料で相談を受けさせていただきます。そして、要点をまとめて、今後の努力項目を提案書としてメールでお送りいたします。もちろん、そこで終了しても結構ですし、その上で正式にお申し込みくださっても結構です。

無料相談はこちら

「ホームページをみて」とお気軽にお電話ください

     

よくある質問

各質問をタップすると回答が表示されます。

Q相談した内容は誰にも知られたくないのですが・・・
ご安心ください。当事務所は守秘義務をしっかり守りますので、ご相談内容が外部に漏れることはありません。
Q「無料子育て相談」の後、お断りしづりあいのではないかと心配なのですが?
「無料子育て相談」の後は、一度、メールで、ご提案書をお送りするだけです。その提案書をお読みになられて、正式に申し込まれる時だけ、ホームページの申し込みページから簡単な手続きをお願いいたします。それは、心づくりのトレーニングは、クライアントさまご自身が主体的に努力し、弊社が努力の方向をみながら、無理にならないように一歩一歩前進できるようにサポートしていくサービスがからです。
Qどんな人が御社のサービスで成果をあげられているのですか?
問題を抱えているということは、どこかを変えないといけないと考えておられるクライアントさまで、「どんなふうに努力していいのか分からない」「変わろうとしているけど、なかなか成果が出てこない」などという方です。逆に、成果が出にくいのは、ご自身が変わる努力はしたくないけど、今、抱えている問題だけは、解決したいと思っていらっしゃる方です。弊社は、カウンセリングではなく、親御さん自らが、日常生活の中で、トレーニングをしていく取り組みなのです。親御さんが、変われた、変われないは、別として、変わろうと精一杯努力されるから、お子さんも努力をしはじめるのです。
Q子どものことだけでなく他に相談したいことがあるのですが、大丈夫ですか?
もちろん、お子さんに関すること以外のご相談も随時受け付けております。 すべての事柄には、その方の心が現れていますから、どんなお悩みや問題にも心は切っても切れないものです。そのような意味で、心のトレーニングは、どんなご相談にも必要になります。(たとえば、良縁・夫婦・受験、就職・仕事の問題・老後・病気・経営・人間関係etc…)
Q遠方に住んでいるのですが、相談をお願いすることはできますか?
スカイプやお電話、ネットを通じた指導を行っておりますので、どちらにお住まいの方でも安心してお申込みいただけます。
Qいきなり電話やスカイプでお話するのは、恥ずかしいのですが?
そうですね。それなら、親御さんに、何ができるのか、そして、何をしてはいけないのかなどを学んでいただくメールマガジン(ステップメール)「子育て力が問われる時代の子育て・孫育ての極意」(月680円・四回配信)をパソコン・携帯メールアドレスへお届けしています。 ここから始められることをお薦めいたします。 お申し込みは(申し込みフォームへ)
Q心の個人コンサルってどんな事をするのですが?
ヒアリングをさせていただいて、それぞれのケースの不登校になっている心の原因を明確にいたします。そして、次の個人コンサルまでに日常生活の中で心がけることを現状から決めます。心の個人コンサルを受けることがメインではなく、日常生活の中での心のトレーニングがメインになります。その繰り返しで、努力の方向がよくなり、何かが変化し始めます。
Q心の個人コンサルは、不登校を直すための指導なのでしょうか?
いえ、そうではありません。不登校であってもなくても、みんな紆余曲折の中で成長していっています。いずれは、みんな社会に出ますし、家庭も築くでしょう。たとえば、十代二十代で問題が無くても、三十代で壁にぶつかる人もいます。そのような意味では、誰でも、目の前に現れてきた問題を乗り越えていけるだけの心を身につけていくことが大切なのです。そのような意味で、心のトレーニングは、親御さんやお子さんの人生を有意義に充実したものにしていくためのものなのです。
Q不登校の場合、まずどのような指導をされるのですか?
どのような問題に対しましても、問題がいつから発生したのか、どんないきさつではじまったのか、など、初期段階やそこに至るまでの経緯のお話を丹念にお聞きいたします。そして、問題の根っこにある原因をみつけるところから始めます。その上で、親御さんが心がけるテーマを明確にいたします。
Qその後は、どんなご指導をされるのですか?
このような心の個人コンサルは、月に一度の間隔で電話・スカイプで行います。また、心のトレーニングの場は、日常生活になり、その中で出てきた疑問などは、メールで、やり取りをいたします。
Q大体、どんな形で成果がでて来るのですか?
「何を心がけて暮らすのか」「どこに意識をおいて過ごすのか」によって、発想も変わってきます。発想が変わると、すること、言うこと、聞こうとすることなども変わってきます。 ですから、まず変わるのは、お子さんへの接し方や問題に対するとらえ方です。
Q基本的な考え方をお話下さい。
心を育てることが、子育てで一番の大切なことと思っております。それは、心があって、はじめて発想が生まれ、形になっていくからです。心を育てる子育てが重要という話は、たくさんありますが、どんなふうにすれば、お子さんの心が育つのかという観点から三十五年間の指導経験の蓄積を元にご指導いたしております。

最後に・・・

最後に・・・ここまでご覧いただき、本当にありがとうございます。 不登校などの子どもの問題は、解決するまでの道筋が見えにくく、 また客観視することも難しいため、何とかする方法を探すだけでも疲れ果ててしまうことが多くあります。 しかし、強い絆で結ばれている親と子という関係だからこそ、シンプルな気づきや心構えだけで、 最初から持っている心の力を発揮して問題を解決していくことができます。

不登校やひきこもりのお子さんを持つあなたのまた、 子育てに臨む親御さんの心づくりは、私がサポートいたします。 親子で共に成長し、一緒によりよい人生をめざしましょう。

当事務所のサービスは、電話・スカイプ・メールで行いますので、 全国どこにお住まいでも、ご指導をさせていただきます。 基本的には、一か月に一度、電話・スカイプでの心のコンサルを行い、 テーマを決めて日常生活の中での取り組みになります。 その間の質問などは、何回でメールでさせていただきます。

何か特別なことがあった場合は、この限りではありません。 心づくりは、少し継続してこそ意義が出てきますので、 一年ごとの更新となっております。
ますだせいじ

無料相談はこちら

「ホームページをみて」とお気軽にお電話ください